グローバル社会での活躍をサポート

TOEIC SQUARE

TOEIC Score 700-795点の方へビジネスに必要な英語スキルって?「使える英語力」をキャリアアップに活かそう!

現在のインプット レベル(Listening / Reading) 理想のアウトプットレベル(Speaking / Writing)インプットレベルが上がってきたらアウトプットレベルにも目を向けて、「聞く・読む・話す・書く」の4技能を意識しながら学習しょう。
「ある程度英語でコミュニケーションができる!」「昇進・昇格要件を満たしている!」 でも、もっと ハイスコアを目指したい|でも、英語で電話をしたり、 英文メールを書くときに、 とまどうことがある…(継続的な英語学習が必要です)「半年に1度のTOEIC」学習法×TOEIC S&Wで「話す/書く」スキルを身につけよう 「ある程度英語でコミュニケーションができる!」「昇進・昇格要件を満たしている!」 でも、もっと ハイスコアを目指したい|でも、英語で電話をしたり、 英文メールを書くときに、 とまどうことがある…(継続的な英語学習が必要です)「半年に1度のTOEIC」学習法×TOEIC S&Wで「話す/書く」スキルを身につけよう

私はこんな風にTOEIC S&Wを活用しています

東山 美鈴 さん メーカー勤務Speaking:130点 Writing:140点

ライバルに負けない、ハイレベルなビジネス英語を身につける

海外とやり取りをすることの多い現在の職場では、毎日の業務に英語が欠かせません。積極的に英語学習に取り組んでいる同僚が多く、差をつけられないためにも、さまざまな状況に対応できるビジネス英語をきちんと身につけることが目標です。課題はずばり、"英語で考え、英語で話す"こと。TOEIC L&RとTOEIC S&Wを併用して、日々こつこつ取り組んでいます。

現場で使える英語力は、ビジネスに必須のスキル

現在の業務では、主にお客様への応対や海外とのメールのやり取りで英語を使用しています。昇進の条件に英語力が盛り込まれているので、日常的に英語のトレーニングに取り組んでいる同僚がほとんどですね。私自身も、今後も英語にかかわれる仕事をやっていきたいですし、もっと上を目指していきたい。そのためにもビジネスでの会話やメールで使える英語を身につけようと思い、TOEIC S&Wを受験しました。今はどの企業も海外展開を視野に入れていますから、現場のコミュニケーションで通用する英語力は、ビジネスパーソンに不可欠なスキルになっていくでしょうね。

プロのコメントが勉強の道しるべに

TOEIC S&Wでは、スコアだけでなく、プロの採点者から客観的にコメントをもらえるのがいいですね。私の場合は、英語で話すときは書くときに比べて文法に注意が払えていない、自信がなくて発音・イントネーションに小さなミスが出てしまうなど、常々感じている点を指摘されました。自分の英語力の課題を改めて見つけることができたので、初心に戻り、基礎としての文法・語彙の見直しから始め、表現方法の幅を広げていきたいと思います。

ネイティブスピーカー基準の実力を

日常的に英語を使っているにもかかわらず「読めるけど話すことができない」という悩みを持っている人や、外資系の企業への転職を望んでいる人などは受験してみるといいと思います。実際のビジネスシーンを想定した問題もありますが、ビジネス経験がなくても答えられると思います。実力をつけるには、日ごろからネイティブスピーカーの発音に慣れ、ネイティブスピーカーと話す機会を増やしていくことが必要だと思います。また、自分の意見を英語でまとめる癖をつけておくのも大切ですね。

TOEIC L&RとTOEIC S&Wの併用で英語力向上を

今後のキャリアアップなどに備え、"英語で考え、英語で話す"ことができるようになることを目標に、これからもTOEIC S&Wを活用していきたいと思っています。TOEIC L&RでもTOEIC S&Wでも、リスニング・単語・文法などは共通して必要な要素です。自分の英語力を知り、さらに向上させるためにも、両方のテストを併用して受験していきたいですね。

川端 慎次 さん 電機メーカー勤務 Speaking:80点 Writing:100点川端 慎次 さん 電機メーカー勤務 Speaking:80点 Writing:100点

語が必要な部署に配属されて、英語力アップが緊急課題に!語が必要な部署に配属されて、英語力アップが緊急課題に!語が必要な部署に配属されて、英語力アップが緊急課題に!

社会人1年目で英語が必須の部署に配属され、英語ができる人たちに囲まれた"背水の陣"に。実力不足を痛感し、毎日通勤時間などを使って英語力アップに励んでいます。TOEIC S&Wの受験で、TOEIC L&Rのスコアだけでは気づけなかった自分の欠点に気づくことができました。TOEIC S&Wスコアをスピーキング・ライティング力の指標にしながら、今の自分のレベルに合った英語学習を続けていきたいと思っています。

英語力が高い人に

社会人1年目で配属されたのは、海外とのやり取りが業務の中心となる部署でした。日々電話やメールで英語の使用は欠かせないため、まわりは流暢に英語を使いこなせる人ばかりなのですが、私だけ留学経験などがなく、まさに"背水の陣"といったところ。これから仕事の幅も広げていきたいですし、同僚にも負けたくない。ビジネスの現場で使える英語力の向上が、今の自分には何より重要な課題だと感じ、TOEIC S&Wの受験を決めました。

TOEICプラクティスオンライン(SW)で予行演習

実際のTOEIC S&Wは、あっという間に終わった感じです。事前にTOEICプラクティスオンライン(SW)を受けて進行、構成などがわかっていたので、問題に集中でき、慌てずに解答していけました。難しかったのはスピーキングの「意見を述べる問題」。問題の状況を聞き取り、的確なコメントをするのですが、一度しか内容を聞けないため、聞き取れなかったり忘れてしまったりしてうまく答えられませんでした。仕事での必要性もあるので、ここでいい評価を得られるまで頑張って受験していきたいです。

自分のレベルに合った学習法を

TOEIC S&Wでは、伝えたい内容を英語で説明できる力が求められます。意見をわかりやすく組み立てたり、明確な結論を言うための勉強には、一般的なビジネス文書やメールの例に目を通すのもいいと思います。英語は一朝一夕に身につくものではなく、毎日継続してやり続けるしかありません。必要以上に難しい教材に手を伸ばすのではなく、今の自分のレベルに合った内容の学習を進めていくのが大切ですね。

TOEIC S&W受験が欠点への気づきに

TOEIC L&Rで比較的高いスコアを取って満足していたところがありましたが、TOEIC S&Wの受験が、新しい欠点に気づくきっかけとなってよかったと思います。まずは、今の自分に足りないスキルであるスピーキングとライティングについて、TOEIC S&Wを指標に勉強を続け、自信がついてきたらTOEIC L&Rも受験し、総合力がどれだけ上がっているのかを測りたいと思います。将来的には4つのスキルを満遍なく伸ばしていけるのが理想ですね。

[TOEIC S&Wを海外赴任要件として導入][TOEIC S&Wを海外赴任要件として導入]

双日株式会社様 人事総務部 人材育成課長 池本 健一さん双日株式会社様 人事総務部 人材育成課長 池本 健一さん

ビジネスシーンでの英語力には、インプット力だけでなく、アウトプット力の向上が欠かせません。双日では、海外赴任要件の基準としてきたTOEIC L&Rスコアを引き上げるだけでなく、新たな基準として実践的な英語力を測定できるTOEIC S&Wスコアを導入しました。海外でのビジネスを効果的に進めるだけでなく、この基準に満足せず、グローバルなビジネスパーソンを目指して成長できる人材を育てていきたいと思っています。

グローバル化により、現場での英語力がさらに重要にグローバル化により、現場での英語力がさらに重要にグローバル化により、現場での英語力がさらに重要に

商社の業態は「日本と海外」を繋ぐものが主流でしたが、グローバル化の進展により、第三国同士を繋ぐビジネスや、海外事業への出資・経営など、ビジネスの領域が急速に広がっています。海外駐在員はもちろん、国内勤務の社員でも、海外のお客様や海外拠点の現地スタッフと英語でやりとりする機会が非常に増えてきました。こうした中で、国際的なコミュニケーション手段としての英語力が、今まで以上に欠かせない能力であることは間違いありません。英語力は業務を通じて鍛えるという考え方もありますが、アウトプット力を中心として、もっと積極的にブラッシュアップする必要があると感じています。

海外赴任要件としてTOEIC S&Wを導入

人事制度上の昇格要件、海外赴任要件としてTOEIC L&Rを導入し、リスニング、リーディングのスコアを活用してきました。ただ、英語はインプット力だけでなく、インプットした情報を消化してどうアウトプットできるかという能力が重要です。特に海外に駐在すると、現地のスタッフや客先に対して毎日のように情報や提案を発信するわけですから、アウトプット力の向上は非常に大きな課題です。
これまで、海外赴任可能な英語力の基準としてTOEIC L&Rスコア650点を定めていましたが、再検討の結果、海外赴任要件を改定し、基準を730点に引き上げました。さらに新たな基準としてTOEIC S&Wを導入し、TOEIC Speakingスコア130点、TOEIC Writingスコア140点というガイドラインを設けました。この要件はあくまで「最低限クリアして欲しいレベル」であり、海外でビジネスパーソンとして活躍するにはさらに上のレベルを目指して欲しい。より高い目標に向かって自分を高めていける人材を育てたいし、それを双日のよき文化として定着させたいと思っています。

大切なのはミスしないことではなく、伝わること大切なのはミスしないことではなく、伝わること大切なのはミスしないことではなく、伝わること

リスニング、リーディング力は相手が伝えたことを自分が理解できるかどうかなので、そのレベルは自分である程度判断できます。一方、スピーキング、ライティング力は、自分が伝わったと思っても、相手が理解しなければ意味がない。TOEIC S&Wは、スピーキングの細かな言い間違えや、ライティングでの多少のスペルミスなど表面的なミスがあったかどうかではなく、伝えたいことが本当に伝わったかどうかで採点されます。スキルだけでなく、実践的なコミュニケーション能力を測ってくれるという点を評価しています。
また、アウトプット力に関しては相手に伝わったかどうかが問題ですから、上達していく上で相手からのフィードバックが欠かせません。TOEIC S&Wは、アウトプットした内容のどこが良く、どこが悪かったのかを詳細にフィードバックしてくれます。自分の強みや弱みを客観的に把握することは、英語学習へのモチベーション向上に繋がると考えています。

昇進・昇格時にスピーキング・ライティング能力も求められる

調査の結果、51.7%の企業がTOEIC L&Rスコア以外にスピーキング・ライティング能力を昇進・昇格の「参考にしている」、または「将来そうしたい」と考えています。「将来そうしたい」と答えた企業が多いことからも、スピーキング・ライティング能力の必要性が今後高まっていくことが予想されます。

TOEIC L&Rスコア以外にスピーキング・ライティング能力を昇進・昇格の参考にするか(n=228) 参考にしている 3.9% 参考にして いないが、 将来はそうする可能性がある 47.8% 参考にしていないし、今後もその可能性はない 45.6% 無回答2.6% ※各平均の値を記載しているので、合計は100%にならない TOEIC L&Rスコア以外にスピーキング・ライティング能力を昇進・昇格の参考にするか(n=228) 参考にしている 3.9% 参考にして いないが、 将来はそうする可能性がある 47.8% 参考にしていないし、今後もその可能性はない 45.6% 無回答2.6% ※各平均の値を記載しているので、合計は100%にならない

出典「上場企業における英語活用実態調査」報告書2013年

サンプル問題に挑戦!

TOEIC S&W公開テスト

スピーキング力・ライティング力を測定するテスト

※追加申込期間中は、受験料の他に手数料が加算されます。詳細はTOEIC SQUAREにログイン後、TOEIC S&Wの受験申込案内のページでご確認ください。

TOEIC S&W公開テストについて

■受験料 10,260円(税込)
■試験実施月 毎月1回(土曜または日曜)、午前・午後に1回ずつ実施
■受験地 全国主要都市(東京・名古屋・大阪など)
■申込方法 インターネット申込

お申し込みの流れ

TOEIC SQUARE にログイン 会員登録は無料です。→TOEIC S&W公開テストメニューを選択して[受験申込]をクリック→試験日時・会場を選択して、受験要領を 確認・同意→申込フォームに必要事項を入力し、受験料をお支払い(受験料はクレジットカード、もしくはコンビニエンスストアでお支払い)→申込履歴画面、「申込受領通知」メールで申込を確認※受験票は発行されません TOEIC SQUARE にログイン 会員登録は無料です。→TOEIC S&W公開テストメニューを選択して[受験申込]をクリック→試験日時・会場を選択して、受験要領を 確認・同意→申込フォームに必要事項を入力し、受験料をお支払い(受験料はクレジットカード、もしくはコンビニエンスストアでお支払い)→申込履歴画面、「申込受領通知」メールで申込を確認※受験票は発行されません TOEIC SQUARE TOEIC SQUARE

TOEIC L&R公開テスト

リスニング力・リーディング力を測定するテスト

TOEIC L&R公開テストについて

■受験料 5,725円(税込)
■試験実施月 年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)実施
■受験地 全国80都市
■申込方法 インターネット申込・コンビニ端末申込

お申し込みの流れ

TOEIC SQUARE にログイン 会員登録は無料です。>TOEIC L&R公開テストメニューを選択して [受験申込]をクリック>受験要領を確認・同意>申込フォームに必要事項を 入力し、受験料をお支払い(受験料はクレジットカード、もしくはコンビニエンスストアでお支払い)>申込履歴画面、「申込受領通知」メールで申込を確認 TOEIC SQUARE にログイン 会員登録は無料です。>TOEIC L&R公開テストメニューを選択して [受験申込]をクリック>受験要領を確認・同意>申込フォームに必要事項を 入力し、受験料をお支払い(受験料はクレジットカード、もしくはコンビニエンスストアでお支払い)>申込履歴画面、「申込受領通知」メールで申込を確認 TOEIC SQUARE TOEIC SQUARE

当サイトは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。
ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC, TOEIC Bridge and TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service in the United States, Japan and other countries and used under license.