データで知るグローバルコミュニケーション

TOEIC レポート

人気英語学習法ランキング

2014.08.28

 
 
 
 

近年、英語の学習法は多様化し、たくさんの選択肢があります。そこで今回はTOEIC SQUARE会員はどんな英語学習方法を実践しているのか、TOEICハイスコアの人と、そうではない人で学習方法に違いがあるのかについて、ランキング形式でレポートします。(2014年7月TOEIC SQUARE会員アンケート結果より 回答数:19,609人)

TOEIC SQUARE会員が実践している英語学習法ランキング

1位はダントツで英語学習用の書籍・雑誌という結果でした。スマホやeラーニング、オンライン英会話など手軽なものは多いですが、やはり、書籍・雑誌なんですね。(TOEIC公式教材はこちら
2位は無料のスマートフォンアプリです。通勤・通学のスキマ時間にできるものが多いようです。(TOEICの無料アプリはこちら
3位は「洋画・海外ドラマ・洋楽」。これも英語学習の王道ですね。洋画・海外ドラマであれば、最初は日本語字幕で内容を把握し、次は英語の字幕表示にして、英語で理解ができるようになるまで、繰り返し観る。そして、最後は字幕なしで、と1つの素材で何回も学習できるのも魅力です。 

TOEIC SQUARE会員が実践している英語学習法ランキング

英語学習法の違いはTOEICスコアに表れる?!

次に、TOEIC800点以上の方と795点以下の方で学習法に違いがあるか、見ていきましょう。 いずれも1位は「英語学習用の書籍や雑誌」という結果でした。初心者レベルからハイレベルまで数多く出版されているため、どのレベルの方にも合うものがあるからかもしれません。
一方で、2位以降には違いが出ています。手軽にできるスマホアプリが795点以下の方では2位にランクインしていますが、800点以上の方では4位にランクイン。また、「英字新聞・英字雑誌」は800点以上の方では3位にランクインしていますが、795点以下の方ではランク外となっています。
学習スタイルや英語レベルに応じた学習方法を選択している結果がランキングに表れているようです。 

英語学習法の違いはTOEICスコアに表れる?!

プライバシーマーク
IIBC
当サイトは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。