世界で活躍するあの人に学ぶ

有名人の英語ライフ

 
 
 
 
世界を舞台に活躍する有名人に英語との接点や習得方法をインタビュー。
チャレンジを続ける皆さんの熱い思いに触れれば、モチベーションもアップするはず!
蝶野正洋さん
Masahiro Chono as an professional wrestler
プロレスラー
蝶野正洋 さん

海外修業で培った不屈の精神、そして
自己プロデュース力に支えられたレスラー人生

プロフィール
<プロフィール>
1963年9月17日生、東京都三鷹市出身。1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、越谷市民体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはnWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成。2010年2月に新日本プロレスを離れてフリーとなったが、いまなお絶対的な存在感を放ち、黒のカリスマとして、プロレス界に君臨し続けている。現在はリング以外にも活動の幅を広げ、TV、イベントに出演するなど、多方面で活躍している。
1999年12月にはマルティーナ夫人と二人三脚のブランド「ARISTRIST(アリストトリスト)」を設立(http://www.aristrist.jp/)。デザインコンセプトはブラックを基調とし、「ストリート・フォーマル・ファッション」をキーワードにアパレル以外にもサングラスから靴までトータルデザインを手掛けている。近年は救急救命啓発活動に力を入れており、2014年7月に救急救命の啓発活動を主とした一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会(https://www.facebook.com/nwhsla)を設立した。

プロレスラーだからこそ「命を守る大切さ」を伝えたい

蝶野正洋インタビュー英語ライフ 7月に救命処置、AED(自動体外式徐細動器)の普及のための協会(一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会)を設立しました。
この10月でプロレス30周年を迎えたんですが、その間プロレスの興行であちこちの障害者施設等を慰問したりする中で、いつも「(命を守るということに対して)何かやらなくちゃいけない」という思いがありました。また、同期の橋本選手(橋本真也・享年40歳)や同世代の三沢社長(三沢光晴・享年46歳)を早くに亡くしたことが自分の中でショックだったこともありました。俺らプロレスラーは練習場や試合での事故を経験しているので、率先して周りに声掛けしていかなくちゃいけないと思っています。

また、アメリカで武者修行をしていた時代に、クリスマスの時期になると地元のバスケットボール、野球、アメフト、プロレスといったあらゆる競技の選手たちがチャリティーに回っていたのを見ていて、「すごいな、いいな」という思いが心に残っていて、社会貢献をしたいという気持ちは昔からずっとありました。

5年ほど前に業界に働きかけて同じようなことをしようとしたことがあったんですが、団体の絡みなどでうまく立ち上げることが出来ませんでした。なので今回は、人を巻き込むよりまず先に自分の行動を周りに見せて、それから個人のプレイヤー達に声をかけていこうと思っています。日本消防協会や東京防災救急協会などがやっているイベントに対してもお手伝いをしていく予定です。

突然の海外遠征、ヨーロッパで待ちうけていたのはカルボナーラ

蝶野正洋インタビュー英語ライフ 元々小中高とサッカーばかりやってきていたんですが、大学浪人していた頃テレビでプロレスを観て夢中になり、大学受験そっちのけで親にも友達にも内緒で入門テストに備えてジムに通うようになりました。結局大学に受かってからも授業に出ることは一度もなかったですね。プロのスポーツに挑戦出来るのは20歳までだろうと思い、「いちかばちかでとにかくやってみよう」と思いました。

新日本プロレスに入門して3年後にヤングライオン杯で優勝した後、会社から突然「1ヶ月後に海外遠征だ、準備しろ」と言われて驚きました。心の整理も出来てなかったんですが、海外行きを拒否している先輩を見るとその後有望選手のリストから外されていたりして、とにかく行くしかないと片道切符で一人オーストリアに向かいました。それからヨーロッパで8カ月間程やったんですが、現地ではプロモーターがいて宿の交渉から試合の準備まで対応してくれたので、自分は試合に出るだけでよかったので、あまり大変ではありませんでした。

ただ、とにかく言葉がわからないので、レストランに行ってもメニューは読めないし、卵料理を食べたくて「egg!」と言っても通じなくて、仕方ないので鶏の真似をして「コココココ!」と手を広げたりして、とにかくジェスチャーをよく使っていました。それでハムエッグとかカルボナーラを食べられるようになったんですが、今度はレストランに自分が来るとカルボナーラばかり出されるようになって、他のものを食べたいと思っても頼めないし、困りました(笑)。

自分の力だけでリングに上がらなくてはいけない国、アメリカ

ヨーロッパでの修行が終わって、次はやはりプロレスの本場、アメリカに行きたいと思ったんですが、交渉役の先輩とアメリカ入りしたものの、アメリカはヨーロッパのようにやりやすい国ではありませんでした。ほとんどコネクションがない状態で、試合も宿も全て自分で取ってこないといけない。先輩とけんかになり「おかしいだろ!なんでちゃんとやってくれないんだよ!」と怒ったら、「てめえ何生意気なこと言ってんだ!お前の名前なんか誰が知ってんだ!お前の試合、誰か観に来るって言うんだ!」と怒鳴り返されました。
実際、誰も自分の試合を組んでくれない。相手にオファーをして受け入れてもらっても、試合の内容がしょっぱかったらそれで終わり、それがアメリカでは当たり前だったんです。

クリスマスにようやく試合ができたんですが、その時のことは今でもよく覚えています。相手もどっかの若い選手で、あまりお客は入っていない会場で必死に自分をアピールしなくちゃいけなかった。でもヨーロッパでは自分はトーナメントで1回戦負けすることはあっても金だけはしっかりもらえていたので「自分で食っている」という少しの自信がありましたね。ところが、その後ビザの手続きをやってくれると言ってプロモーターの会社が半年後に潰れてしまって、結局一度も金をもらえないまま、不法滞在で半年間アメリカにいることになってしまったんです。「何かでつかまったら強制送還だ」と思いながらアメリカにいたあの時期は本当にきつかった。今でもアメリカに行って100ドル札を手にしたり、きちんとしたクラスのビザを発行してもらえたりすると嬉しくてしょうがないです。

また、アラバマ州にいたこともあったんですが、ここは結構人種差別がある地域でした。ガソリンスタンドで地元のおばちゃんたちが気さくに話しかけてきて世間話を振ってくるんですが、俺がそれをうまく拾えなくてそのまま買い物をしようとしていると、後ろで悪口を言っている声が聞こえるんですよね。試合会場の場所を聞いても、3回くらい嘘をつかれたりして、アメリカ南部の田舎ならではのプレッシャーがありました。会場に行っても、子供やおじいちゃんが差別的な言葉で俺をなじってきたり、リングに上がろうとすると物を投げられたりして、意味のない差別を受けるのは生まれて初めての経験だったので驚きました。

それだったらと俺も本気で怒って、その怒りを「何くそ!」とリングにぶつけました。自分の感情をどうリングで使うのかという点ですごく勉強になった思い出です。

何でもいいからとにかくしゃべる!その気持ちが突破口になる

蝶野正洋インタビュー英語ライフ アメリカのプロレスが日本のプロレスと大きく違うところはまず、テレビを興行に対する宣伝の媒体としてとらえているところですね。テレビは宣伝媒体として使って、チケットとpay-per-viewで収益を上げるわけですが、1日の大会に対して1~2カ月のとにかく過大な宣伝をやるわけです。時には車をぶつけて大騒ぎの映像を作って、いかにストーリーを作るかという部分にアメリカはこだわっていて、最初はそのあたりがわからなくて戸惑ったこともありました。でも、どのスポーツも結局は、いかに人を集めて楽しませるかという興行なんですよね。

アメリカはサービスのいいエンターテインメント文化がしっかりとあって、一般の人でもマイクを向けられると何でもしゃべれたりして、自分をアピールする力を自然と持っています。過剰な演出でも観ている側は「ここまで頑張ってやってくれているんだ」と受け取りますが、同じことを日本でやると「商売のためにここまでするのか」という見方をするんじゃないかと思います。20代はそんなアメリカが好きでしたね。

ただ俺は英語を勉強する材料というとテレビしかなくて、選手たちがコマーシャルでアピールしなくちゃいけないんですが、英語ができないものだから焦りましたね。それでも「とにかくしゃべんなきゃだめだ」と思って、「焼き肉食ってガンガン行くぞ!」とか「日本食ずっと食ってねえんだ!」とか英語でも日本語でもとにかくしゃべっていくうちに、控室では会話がたとえ通じなくても周りとのコミュニケーションを楽しむようになりました。ヨーロッパではレスラーたちは控室で本を読んだり、黙々と一人で練習をしたりして、閉じた世界にいた感じだったんですが、アメリカでは周りのレスラー達が普通に話しかけてくれましたね。何言ってるかわからないことも多かったけど(笑)。

「ボウリング好きな人だなあ」と不思議に思ったデート

蝶野正洋インタビュー英語ライフ 妻のマルティーナとはドイツで知り合って、デートに誘ってディスコに行ったりしたんですが、そこで彼女が「boring?」って聞いてきたんです。俺は「ああ、ボウリング(bowling)が好きなんだ」と思ってオフのときにボウリングに誘ったんです。するとまた別の時に「boring?」って言うから今度は「えーと、150か160」なんてアベレージを答えたりして、「ボウリングがすごい好きなんだなあ」ってそればっかり気になっていたんです。そうしたら後でアメリカに行った時に日本食レストランの人が「それは『つまらない?』って聞いているんだよ」と教えてくれて驚きました(笑)。

その頃からマルティーナも英語を勉強してくれたみたいで、二人の共通言語としてお互いが英語を覚えていきました。周りを見ていても、母国語が英語じゃない同士の国際結婚だとやはり共通言語は英語のカップルが多いですね。普段は日本語と英語を混ぜて話しています。今でも言いたいことは言っています。『ただ、(英語が下手過ぎて)会話にならない』なんて文句を言われたりしますね。

中学生なんかの頃は、「外国人は自分と違う考え方をしているんだろうな」と思っていて、海外に行っても相違点を探そうとしていました。当時の俺は臆病だったんだと思います。でもよく相手を見ると、向こうも俺と同じようにこっちを不安視していることがわかったりして、基本的に国籍なんか関係ないと考えるようになりました。色々経験して、どこの国の人だろうと怖がる必要もないんだと思いました。

ヒール転向は自己プロデュースの第一歩だった

蝶野正洋インタビュー英語ライフ 日本に帰ってきてから、さまざまなタイトルを獲って結果を出している中で、次第に自分が楽をし過ぎていると思うようになりました。アメリカでは食うのにも精いっぱいで街にいても会場にいても緊張感を覚えていて、そういう緊迫したものが自分の中で薄らいでいましたね。練習も試合も全部お膳立てされていて、リングに上がる準備だけをしっかりやればいいなんて、「これ、プロレスラーじゃねえよな」と感じるようになりました。プロレスラーは体ひとつで世界を回って、どんな環境の中でも戦っていくものだというイメージが自分の中にあったんです。30歳を迎える頃、選手会長として選手と会社のパイプ役として双方の不満を聞いているうちに、「こんなことやるためにプロレスやってんじゃねえぞ」と思って。結局プロレスっていうのは個人の世界ですから、交渉なんて本来は自分でやらなくちゃいけない。会社側は選手を管理するにはひとつにまとまっているとありがたいんでしょうが、それぞれレベルが違う者が団体交渉をしても、それじゃ選手として伸びないだろうという思いがありました。「不満があればリングで見せればいいじゃねえか。アメリカの時のように、怒りを持ってリングに上がらなくちゃいけないんだ」と思い、選手会長を降りて自分で動くと伝えたんですが、会社側には止められました。でもそこはもう指示を待たずに、リング上でヒール転向をアピールしましたね。

自分はずっと、プロレスラーとしてメインクラスまで来ているけどトップレスラーにはなれていない、欠けているものがあると感じていて、何が足りないのかわからないけど「とにかく手を挙げよう!」と思ったんです。周りに「どういう方向性でいくのか」と聞かれてもうまく答えられなくて、帰国してからリングのことは考えていても、プロレスを俯瞰して捉えていなかった。

チームスポーツ以外はどんなスポーツでも結局、アスリートの世界は裏切りの世界だと思うんです。飛びぬけて来ている奴がいれば誰かがついて行って「いつか食ってやる」と思っている、「一緒にやっていこうね」って言ってもいい話が来ると片方が裏切っておいしい方に行く、それが当たり前のビジネスの世界です。俺はサッカー出身だったので裏切りはあまり好きじゃなかったけど、何度かそういうことを経験して「それもしょうがねえな、自分をプロデュースしていかないといけないんだな」と思いました。そのためには基本的に目立つことが大事で、人と同じことをしちゃいけない。皆がいいことをするなら一人悪いことをする、その逆もそう。ただしそればっかりやっていると自分がどこに向かっているのかわからなくなるので、最終的に「自分がどうなりたいか」だけはしっかり考える。俺の場合はベルトを巻いてトップに立ちたい、そしてプロレスは色目で見られることが多い世界だからそれに対してもしっかり戦っていくということでした。ヒールをやっていたって人として外れない生き方を心がけていればいい。そうやって自分の生き方だけ決めて、あとはいかにして場の空気を読んで目立つか。それを考えました。

ガキ大将の延長のような強いヒーローに憧れて

蝶野正洋インタビュー英語ライフ 30年間プロレスをやって来て、一番大変だったのは首の故障ですね。首をケガしてからしばらくは体がしびれたまま試合をやっていました。リングを降りてタイツを脱いだらおしっこがピューッと飛び出してきているのにその感覚すら無い状態で、自分でもこれは危ないなと思いました。そこからアメリカ、日本、ドイツの首の権威の医者に診てもらったんですがどこでも「今すぐプロレスをやめて手術しないとダメだ」と言われました。それでもその頃自分は上り調子で早くリングに戻りたい焦りもあったし、会社からも「とにかくリングに上がるだけでもいいから」と言われて、本来リハビリも含めて1年以上かかるところを半年で復帰しました。プロレスラーとしてリングに上がる以上、一旦ケガをしたら完全に治すということは難しいんです。あと1回でも首にけがをしたら半身不随になると言われていて、その復帰戦から今までリングに上がるたびに恐怖心があります。 それでもプロレスラーっていうのはガキ大将の延長みたいな存在で、男の子がなりたい強いヒーロー像なんですよね。俺もそれに憧れたんです、たとえ食えなくてもリングに立っているそのステータスに。金じゃないんですよね。

もうひとつには、プロレスっていうのは単なるアスリート個人のものではなくて、客をいかに楽しませるかという興行なので、試合に向けてのストーリーや展開を自分で考えることが出来る、プロデュースする楽しさがあります。他のスポーツはそこは周りがやって、選手は練習場から試合場までまっすぐ向かうのが仕事。でもプロレスは自己演出が出来るから、多かれ少なかれ世の中の皆がやりたいようなことをやっている職業じゃないかなと思います。

「生涯現役」レスラーとして数字を作っていく

蝶野正洋インタビュー英語ライフ プロレス30周年を迎えて「生涯現役」って言ったんですが、今後はリングに上がっている姿だけではなく、組織や選手の意識を向上させたり、興行を含めてプロレスの安全性を高めるような役割もしていきたいと思っています。それがひいては業界の繁栄になると思いますので。

「30年もプロレスやってるレスラーに出来ることあるのか?」って考えたりするんですが、ガンガンぶつかってるプロレスを観たいって人もいれば、たとえば被災地のようなところでシリーズやストーリーのことなんか知らなくてもその場で観て楽しんで勇気をもらえるようなプロレスもある。そういうものを見せたりする役割もあるんだよなって思います。

40代までは体を使ってきたけど、今後はある程度頭を使ってビジネスをやっていきたいんです。ビジネスという世界は数字が大事なので、しっかりと売り上げを作っていくことや、救命協会の活動でも1千万人の人に「何かあった時に助けることが出来る」スーパースターになってもらいたい、そんなことを考えています。5年かかるか10年かかるかわからないけれど、これからはリングの上ではないところでの数字を作っていくつもりです。

そのためにも、リングに上がり続けられるのかと言われると自信はないけれど、レスラーっていう看板はこのまま背負ってこうと思っています。

インタビュアー:伊東裕子
写真撮影:松谷靖之

プライバシーマーク
IIBC
当サイトは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。